2007年01月28日

状況は似ている

先日、Wiiの昨年末までの販売台数が300万台強だったと発表がありました。目標の400万台を大幅に割り込む結果だそうです。

「欧米は遠いから。生産は400万台。」と200万台生産出荷のSCEと状況は似ているような気がします。


アナリストの方々の予測だとWiiは最終的に大体3000万台前後なんですよね。ニンテンドウ64がそのくらいの販売台数だったようなので、Wiiがそのくらいの販売台数だと全然ゲーム人口の拡大ができていない事になる。

つまりゲーム人口の拡大という目標に対してWiiは失敗する、という予測をアナリストの方々はされているわけです。年明けの予測でPS3の販売予測台数が大きく下がってもWiiの販売予測台数はそこまで多くはなっていないのでWiiはダメダメと判断されているという事になります。

最終的に Wiiは全世界で5000万台くらい売れてくれないかな〜、と期待しています。少なくともニンテンドウ64やGCよりも売れてくれないとゲーム人口の拡大にならないから。それができたのならば2番手だろうが3番手だろうが。だから3000万台ぐらいが成否の別れ目という事に。



posted by シェクまく at 23:59 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。